INSTRUCTOR インストラクター

レギュラー講師

梶田 祐紀惠 -Yukie Kajita-

佐々智恵子バレエ団にてバレエを始める。
大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース卒業後、劇団四季入団。「ライオンキング」「エビータ」「マンマ・ミーア」「ユタと不思議な仲間たち」等に出演。座内俳優レッスン、子役指導も行う。
退団後、「CURATAINS」「Annie」等に出演すると共に、振付、ダンス・ボーカル講師として後進を育成。
プロダクション、各スクール、専門学校などにおいて講師を務め、数多くプロダンサー、俳優、子役を輩出している。

北村 毅 -Takeshi Kitamura-

劇団四季で俳優としてのキャリアをスタート。
「Jesus Christ=Superstar」「マンマ・ミーア!」「赤毛のアン」「ハムレット」等出演。
退団後も『CURTAINS』『南太平洋』『ON THE TOWN』『PRISCILLA』『BILLY ELLIOT』など多数の海外ミュージカル作品に出演する傍ら、イベントやパフォーマンスユニットへの振付・リフトの提供や指導を行う。
現在は後進の育成と共に、パーソナルトレーナーとしても活動している。

横田 裕市-Yuichi Yokota-

3歳から日本舞踊松風流を習い名取を経て19歳で師範免許を取得。
日本舞踊松風流師範(松風光裕)
1997年から俳優として活動。
「イーストウィックの魔女達」「SHROH」「レ・ミゼラブル」「ミスサイゴン」「天翔ける風に」「GOLD」「あしながおじさん」舞台「天璋院篤姫」(篤姫の兄)等に出演。
俳優・演出家・プロデューサー・歌唱指導・LIVE活動などパフォーマーやスタッフとしても活動。
日本文化芸術を伝える活動に力を注ぐと共に、子供から大人まで幅広く育成を手掛ける。

高松 修司 -Syuji Takamatsu-

「WAHAHA本舗」全体ツアー、ビジネスマンミュージ「WAYOUT」等に出演。
きかんしゃトーマスミュージカル「ソドー島の宝物」では、2013年よりパーシーの機関士役として全国ツアーに出演し続けている。
CLUBでのShow CaseやLIVE出演等をはじめ、映像・モデル・舞台・ミュージカル・ライブ配信など、ジャンルに捉われず幅広く活動している。

フルサワユリエ-Yurie Furusawa-

13歳からジャズダンス、17歳からコンテンポラリーを始める。
日本芸術専門学校卒業。
ミュージカルコースに所属し、ミュージカル・バレエ・ヒップホップ・フラダンスなど様々なジャンルを学ぶ。
卒業後は主にイベント出演、アイドルの振り付け、アシスタントをする傍、パーソナルカラーアナリストとしても活動中。

鈴木 菜奈 -Nana Suzuki-

5歳からクラシックバレエを始める。
多数のコンクールでの受賞経験を持ち、日本バレエ協会の公演にも数多く出演。
18歳からジャズダンス、タップダンスを始め、専門学校ではミュージカルを専攻。
在学中は「紅白歌合戦」や「うたコン」「年忘れにっぽんの歌」などの歌番組やテレビCMにダンサーとして出演し、学内公演ではタイトルロールを務めた。
卒業後はCM出演やミュージカルの振付補佐、ジャズダンス講師など、出演のみに留まらず創作活動にも意欲的に取り組んでいる。

丸谷 さやか -Sayaka Maruya-

大学にて小学校教諭一種免許状を取得。
その後、尚美ミュージックカレッジ専門学校にて、バレエ・ジャズ・HIPHOP・タップダンス・歌唱など、様々な表現を学び 学内公演では「CHICAGO」「キャバレー」などのミュージカルナンバーでその独特な存在感を示した。
現在は、コンテスト出場や振付・作品創りなど、ジャズやコンテンポラリーを軸に精力的に活動している。

ワークショップ講師

松永 一哉 -Kazuya Matunaga-

俳優・アーティストとして映像・舞台・バックダンサーとしてマルチに活躍。東宝ミュージカル・劇団四季・地球ゴージャスシリーズにも数多く出演。
2011年にはケント・モリにその実力が認められ、MICHEAL JACSON TRIBUTE LIVEに出演し、ソロパートを任される。
俳優エンターテイメントパフォーマンス団体の代表を務め、プロデュースイベントを多数開催。
現在は俳優・ダンサー・振付師・脚本家・演出家・殺陣師・パフォーマーなどあらゆるエンターテイメントを高い水準で垣根なく提供し、評価を得ている。

梶田 眞嗣 -Shinji Kajita-

佐々智恵子バレエ団に入所。Goh Ballet Academyへ留学。またJoffrey Ballet Schoolよりスカラーシップを得て、同スクールにて学ぶ。
Vancouver Goh Ballet Companyに入団し、同年『リーズの結婚』で主役デビュー。『ジゼル』『白鳥の湖』『海賊』『ドン・キホーテ』他、カンパニーのすべての公演において主要キャストを務める。現在は名古屋を拠点とし、国内の様々な舞台に出演する。
また、Vancouver Goh Ballet Companyゲストアーティストとして、世界各地のツアーに参加し主役を務める。

梶田 明美 -Akemi Kajita-

7歳でバレエを始める。
93・94年埼玉全国舞踊コンクール入選。
三重シティバレエ団ベルギー王国公演に参加「三重県平成文化賞」記念公演に参加。
96年全国バレエコンクール in NAGOYAシルビア賞受賞。
97年ローザンヌコンクール出場。
99年ロシア・サンクトペテルブルク大阪市姉妹都市提携20周年記念公演にソリストとして出演。
02年0sakaPrixクラシックバレエコンクール シニアの部第8位入賞。

村瀬 美音 -Mio Murase-

2000年劇団四季入所。
『ライオンキング』エド役、『CATS』カーバケッティ役 タンブルブルータス役、『ソング&ダンス2』ダンサー役、『はだかの王様』ブルーマー役、『赤毛のアン』キット役、『九郎衛門』『青い鳥』『エルコスの祈り』に出演。
退団後秩父にてstudio fitsに参加。
『パイレートクィーン』『ニューヨークに行きたい!!』『ルドルフ ザ・ラスト・キス』出演。
CM ウィダーインゼリー 2010年にDORA、Mocchyとエンターテイメントダンスチーム『3cm』を結成。
ダンス講師としても、ジャズ、バレエ、Hip-hopを教えている。